SSブログ

おいおい!今度はロシアかぁ? ロシアで鳥インフルH5N8亜型のヒト感染を確認 [気になる情報]

中国武漢を起源とする新型コロナウイルス、世界中で暴れ回っていますね。



多くの人命が失われています。



今度はロシアでこわ~い事が起こっているようですよ!



20日、ロシア消費者権利保護・福祉監督庁(Rospotrebnadzor)のアンナ・ポポワ(Anna Popova)長官はテレビ会見を行いました。


ロシア国立ウイルス学・生物工学研究センター(Vektor)の科学者らが、昨年12月に鳥インフルエンザの集団発生が報告されていたロシア南部の家禽(かきん)農場の作業員7人から鳥インフルエンザH5N8亜型ウイルスの遺伝物質を分離したことを明らかにしたそうです。


鳥インフルエンザウイルスには複数の亜型が存在しています。



H5N8亜型ウイルスは伝染性が非常に高く、鳥にとっては命取りだが、ヒトへの感染例はこれまで報告されていませんでした。


厚労省のホームページには、『鳥インフルエンザとはトリに対して感染性を示すA型インフルエンザウイルスのヒトへの感染症です。人におけるほとんどの感染者は、 感染した家きんやその排泄物、死体、臓器などに濃厚な接触があります。日本では発症した人は確認されていません。
感染症法では、A(H5N1)及びA(H7N9)の鳥インフルエンザは 2 類感染症に、それ以外の亜型の鳥インフルエンザは 4 類感染症に位置づけられています。』

発生地域に渡航される方へ
『養鶏場、鳥の羽をむしるなどの処理をしているところ、鳥を売買している市場に不用意に近づかないようにしましょう。
弱った鳥や死んだ鳥にさわったり、鳥の糞が舞い上がっている場所で、ホコリを吸い込まないようにしましょう。
外出先から帰ったらせっけんで手を洗うなど、日常的な感染症予防を心がけましょう。

発生地域から帰国された方へ
『発生地域からの到着時に発熱などの症状がある場合、鳥インフルエンザに感染した鳥(死んだ鳥を含む)や患者に接触したと思われる方は、検疫所の担当者にご相談ください。
帰国時には症状がなく、帰宅後に発熱やせきの症状が現れた場合は、医療機関を受診し、鳥インフルエンザの発生地域に渡航していたことをお知らせください。ご不明な点は、最寄りの保健所にご相談ください。』


鳥インフルエンザに感染した鶏が見つかり、周辺地域の養鶏場の鶏を大量に処分したというニュースはありますが、人へ感染するとは知りませんでした。


ポポワ氏によりますと、このウイルスがさらに変異する可能性については「時間がたてば分かる」としています。


「まだウイルスがヒトからヒトに感染する力のない時点でこれらの変異株を発見したことで、われわれすべて、すなわち全世界が、変異の可能性に備えて十分かつ迅速に対応する時間を得られる」ということです。


ウイルスが変異して人から人へ感染することは十分想定できることですね。



新型コロナウイルスは、短時間で変異株が複数発生しています。



まだ大丈夫!わが国の政府は尻に火が付いて騒ぎ始めるので、たまには物事の先を見据えた動きをして頂きたいと思います。


中国もロシアも本当のことは言いませんからね~



とんでもないことにならなければ良いのですが。


img_7f618919bb1fac183e0518bd23056c27501572.jpg
東洋経済デジタルさんの記事よりお借りしました
nice!(114)