So-net無料ブログ作成

「朝食を抜き」「座りすぎ」要注意! [気になる情報]

スポンサードリンク




昨日は,,睡眠不足が死亡リスクを高めるというお話しでした。



今日も引き続き、私たちのある行為が死亡リスクを高めるという話題なんです。



「朝食を抜き」や「座りすぎ」というと、健康には悪そうって誰でも思いますよね。



先ず、一日のうちでいちばん忙しい時、そうです 朝の食事をしないという方が多いと思います。






publicdomainq-0003403gosxcl.jpg
フリー画像からお借りしました





その朝食抜きは、思わぬ死亡リスクにつながることもあるそうですよ。



鳥取大学の研究によると、朝食を食べない習慣の人は、食べる習慣の人よりも、男性は1.43倍、女性は1.34倍死亡リスクが上昇しているそうです。


米アイオワ大学の研究でも、朝食抜きにより心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患による死亡リスクが87%高くなるといいます。


朝食はちゃんと食べましょうね! 忙しい時には、バナナ1本でも良いそうですよ^^



次に、2012年に発表された豪シドニー大学の研究では、運動をしていたとしても、1日に座っている時間が4時間未満の人に比べ、11時間以上座っている人の死亡率は40%も高かったということが分かっています。






506-peoples-free.jpg
フリー画像からお借りしました





ここで注目したいのは、この死亡率の上昇は、『運動不足』ではなく、あくまで『座りすぎ』によるものであるということなんですね。


運動をしても確実な解決策にならないところが困りものです。



仕事中でも30分に1回は立ち上がることを習慣にしたいですね。



とにかく座り続けず体を動かすようにしましょう。



特に、高齢になると何時間も座りながらTVを観ているなんて方も多いのではないでしょうか。



「朝食抜き」と「座り過ぎ」には注意をしましょうね!^^






スポンサードリンク



スポンサードリンク



nice!(122) 

nice! 122