SSブログ

今日11月20日は「世界こどもの日(Universal Children's Day)」 [ちょっと気になること!]

円安、ガソリンやガスに電気料金の高騰、それに伴い食料品などの値上げが続いています。


私たちの周りにも、生活に困窮しているご家庭が増えていますね。


ユニセフはTVなどで、年間227万人もの栄養不良で命を落している子どもたちへの支援を訴えています。

現在、推定6人に1人、世界で3億5,600万人の子どもたちが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック以前の段階で、極度の貧困の中で暮らしているそうです。

ユニセフ(国連児童基金)と世界銀行グループの新たな分析によれば、この状況が著しく悪化する可能性があると分析をしています。

子どもは世界人口の約3分の1を占めていますが、極度の貧困下にある人々の約半数は子どもです。

また極度の貧困状態に陥る可能性は、子どもがおとなの2倍以上です(子ども:17.5パーセント、おとな:7.9パーセント)。

また開発途上国の5歳未満の子どもの約20パーセントが極度の貧困状態にある家庭で暮らしています。

私が以前より着目しているのは、わが国で始まっている「子供食堂」なんです。


近年、こども食堂という名前を耳にするようになりました。


ご存じの方も多いと思います。


こども食堂とは、無料または安価で栄養のある食事がとれる場所のことです。


家族揃ってご飯を食べることが難しい子どもたちに対し、共食の機会などを提供しています。

こども食堂という場所があることで子供たちにとってこんなメリットがあります。


1、手作りで温かい食事が格安で食べられる。

2、子ども同士、親同士のコミュニケーションが取れる。

3、アットホームな雰囲気で誰かと食事ができる。

など、子どもたちにとって大切な場所になっています。

しかし、こども食堂の運営には課題も多く存在するのも事実で、ボランティアや寄付などの支援も必要です。

何をするにも「人・物・金」が必要なんです。


個人的なボランティアだけでは限界があるんですよね。


個人だけではなく、地域住民、企業、そして公からの支援が必要となります。


はい、今日11月20日は「世界こどもの日」なんです。


1959年に「児童権利宣言」が採択された日です。


国連では各国政府が適当と考える日を選んで子供の世界的な相互理解、子供の福祉を増進させるための活動日に当てるよう勧告しています。

わが国では「こどもの日」の5月5日を当てています。


子ども達は国の宝、政府には最優先事項として取り組んでもらいたいと思います。
nice!(93) 

今日11月19日は「緑のおばさんの日」 [ちょっと気になること!]

あなたは「緑のおばさん」をご存じでしょうか?^^


1959年(昭和34年)11月19日、通学する児童を交通事故から守るための学童擁護員(緑のおばさん)の制度が東京都で始まりました。

緑のおばさんとは、交通安全のシンボルカラーである緑色の制服や帽子を身に着けていたことに由来する名称です。

ちなみに、持っていた旗の色から「黄色いおばさん」と呼ばれていた地域もあるそうです。


全国的な愛称ではなかったようです。


当時は、まだ女性の職場が少なかった戦後復興期だったことから、寡婦の雇用対策として創設された職業でした。

創設当初、勤務時間は午前2時間、午後3時間で、日当は315円だったそうです。


1961年昭和36年以降、各地に広がっていきました。


当初は臨時職員でしたが、1965年より東京都の正職員となりました。


現在は一部で市の嘱託を残している程度でこの制度は廃止され、児童の安全はリタイアした地域の高齢ボランティアに委ねられています。

今では「児童見守り員」とか「交通整理員」などと呼ばれているようですが、その高齢者も超高齢者になって、メンバー確保には各自治体も頭を痛めているようです。

はい、今日11月19日は「緑のおばさんの日」です。


1959年(昭和34年)の今日、通学する児童を交通事故から守るための学童擁護員(緑のおばさん)の制度が東京都で始まったことから制定されました。

nice!(87) 

今日11月18日は「118番の日」 [ちょっと気になること!]

あなたは映画やTVドラマで人気のあった「海猿」って覚えていらっしゃいますか?^^


私はあの映画を観て海上保安庁の職員の方々が如何に大変なお仕事をしているのかを知りました。

それまでは、恥ずかしい話ですが全くの無関心でした。


ちなみにこんなお仕事をされています!^^


海上保安官は法令違反がないか確認するため、船舶への立入検査を実施しています。


また、海上保安官は、司法警察職員として、海上のあらゆる犯罪に対し捜査を行い、解明します。

大規模な地震や津波、火山の噴火等の自然災害が発生した場合、海上での捜索救助は勿論のこと、避難住民や物資の搬送等を行います。

さらに、海上保安庁では、外国公船、領有権に関する独自の主張を行う活動家船舶等に対しては、国際法及び国内法に基づき、冷静に、かつ、毅然として対応しています。

また、わが国の漁船等の安全確保に努めています。


先日も中国の船舶がわが国の領海を侵犯しましたね。


海上保安庁は監視の強化を図り、警戒を強めている。


海保によると、2021年の海警船による尖閣諸島周辺の領海侵入は34件で計40日間に達し、20年(24件で計29日間)より4割も増えました。

21年の接続水域(領海の外側約22キロ)内の航行日数は計332日に上っています。

はい、今日11月18日は「118番の日」です。


118の語呂合わせで、海上保安庁への緊急通報用電話「118番」を広く知ってもらうため、海上保安庁が制定しました。

nice!(86) 

今日11月17日は「蓮根の日」 [ちょっと気になること!]

先日TVを観ていましたら、もうおせち料理の予約が始まっていました^^


今年もあっという間に11月になっていました。


あなたのお宅では、おせち料理を作りますか?


わが家では今年もネットなどを見て決めることになりそうです。


おせち料理と言えば「蓮根」は必需品ですよね。


シャキシャキとした食感が美味しい蓮根、大好きです^^


おせち料理には、数の子や伊達巻、栗きんとんなど定番のおかずがありますが、これらの定番料理には、それぞれに願いが込められています。

現代ではおせち料理に込められている意味を考えながら食べる人は少ないのでしょうね^^


蓮根は穴の開いた形状から、先が見通せる縁起物として扱われ、おせち料理以外にもよく使用されています。

蓮根は、現在1年を通してスーパーで販売されていますが、実は蓮根の旬は秋〜冬にかけてなんですよ。


そう、ちょうど今が蓮根の旬なんです。


美味しい蓮根を食べてみませんか?^^


はい、今日11月17日は「蓮根の日」です。


平成6年11月17日、土日本一の蓮根生産量を誇る茨城県土浦市に全国の蓮根産地が集まって「蓮根サミット」を開催しています。

nice!(82) 

今日11月16日は「国際寛容デー(International Day for Tolerance)」 [ちょっと気になること!]

「寛容」と言う言葉がありますが、その意味を調べてみましたら「心が広く、人の言動をよく受け入れること。また、人の過ちや欠点をきびしくせめないこと」とありました。

つまり、「他人の言動を受け入れること、他人の欠点などを不要にとがめないこと」といった意味があり、心の広さがある、人の良い性質を表す語なのだそうです。

なんと、この言葉は英語の「tolerance」という言葉を翻訳するために、明治に入ってから作られた語で、もともとは、異なる宗教を受け入れることを指していたそうです。

「寛容」の元となった「tolerance」は15世紀の近世ヨーロッパで生まれた概念で、当時のヨーロッパは、宗教改革の後にカトリックやプロテスタントなどの異なる宗教や異なる民族・価値観がぶつかり合う社会でした。

そんな中で生き延びるためには、異なる信仰や考えを持つ人たちを受け入れ、共存することが必要となり、「寛容の精神」という概念が生み出されたわけです。

現在では宗教に限らず、「他人を許し受け入れる」という広い意味で「寛容」という言葉が使われていますね^^

はい、今日11月16日は「国際寛容デー」なんですよ~!


1995年のこの日、ユネスコ総会で「寛容原則宣言」と「国連寛容年のためのフォローアップ計画」が採択され、1996年12月の国連総会で制定されました。

文化や表現の手段、人間としてのあり方といった多様性を尊重すること、受け入れることを「寛容」の定義とし、多様な社会を存続させることが目的とされています。

現在は昔と違い、異人種、異文化が、容易に交流できる時代となっています。


お互いの生き方を尊重し、平和的に共存生活をする為には考え方を変えることも必要なのだと思います。

大切なのは共存するということなのだから!^^

nice!(89) 

今日11月15日は「いい遺言の日」 [ちょっと気になること!]

「終活(終活準備)」という言葉を聞く事がありますが、その言葉がブームになってから既に10年近くの歳月が経っています。

現在では一過性のブームを超えてすっかり日本中に定着したようです。


でも昨年の段階では、まだ日本人の2.7%しか実践していないそうですよ。


2025年には、65歳以上の人口が国民全体の30%になることが見込まれています。


それに加えて、日本社会では、後期高齢者の人口増加が最大の課題になっていますね。

少子高齢化問題に後期高齢者の人口増加問題など私たちの目前には課題が山積み状態ですね^^

旅立つ側と見送る側、共に最高の最期を迎えるには生前に何をしておくと良いのでしょう?

そのひとつに「遺言」という制度があります。


既にご存じでしょね~^^


万が一の事態に備えて遺言書を残しておこうと考えている人もいるでしょう。


遺言書は相続トラブルを防止するのに役立ちます。


しかし、実際に遺言書が作成されているケースは多いとはいえないでしょう(司法統計情報によると2020年の遺言の検認数は18,277件とのことです)。

良いと思っても遺言書を作成しない理由として、「そもそも遺言書を残すべきかわからない」「自分で書けるか不安で書いていない」「まだ書かなくても大丈夫だと思う」などがあるようです。

弁護士や司法書士などによる無料相談も行われていますので、気になる方がいらっしゃいましたら出向いてみてもよいと思います。

今日11月15日は「いい遺言の日」です。


りそな銀行が2006(平成18)年11月に制定しました。


「い(1)い(1)い(1)ごん(5)」の語呂合せからです。


ちなみに、今日11月15日から11月22日(いい夫婦の日)までの1週間を「夫婦の遺言週間」としています。
nice!(89) 

今日11月14日は「浜口雄幸首相襲撃事件の日」 [ちょっと気になること!]

普段何気なく利用している東京駅、東京の表玄関とも言われるターミナル駅ですよね。


ご存じのようにプラットホームの数は日本一多いです。


乗り入れいている路線は、東海道新幹線と東北新幹線の2路線、在来線が東海道本線・東北本線・総武本線・京葉線の4路線、地下鉄1路線です。

1889年(明治22年)に神戸駅まで全通した官設鉄道の新橋駅と、私鉄・日本鉄道の上野駅を結ぶ高架鉄道の建設が東京市区改正計画によって立案され、施工は大林組が請負ました。

日露戦争終結後の1908年(明治41年)から建設工事が本格化し、1914年(大正3年)12月20日に開業しました。

中央停車場は皇居の正面に設定され、東京駅と命名されました。


そんな東京の顔でもある東京駅には暗い歴史があります。


右翼による2件の首相襲撃という暗い歴史を残しています。


大正10年11月4日に右翼の青年により原敬首相が暗殺されており(丸の内南口改札横に印があります)、

また、昭和5年11月14日、右翼青年の佐郷屋留雄によって濱口雄幸首相が狙撃されました。

濱口首相は、東京帝国大学医学部附属病院で大手術を受けました。


一命を取り留めたものの、翌年にこの時の傷がもとで死去しています。


濱口首相がロンドン海軍軍縮条約に調印し、膨れ上がる軍事費を削減しようとする姿勢に反発した凶行で、天皇の統帥権を犯すという「統帥権干犯問題」が動機でした。

犯人の佐郷屋留雄は、死刑の判決を受けるものの、恩赦により無期懲役に減刑、昭和15年に仮出所し、その後も右翼的な活動を続けていたということです。

今日11月14日は「濱口雄幸首相襲撃事件の日」です。


この様なテロ行為は絶対に許されてはいけませんね。


先般も安倍晋三元首相が7月8日、参院選の街頭応援演説中だった奈良市の近鉄大和西大寺駅前で男に銃撃されました。

ドクターヘリで県立医科大学付属病院(橿原市)に搬送されたが、同日夕方に死亡しています、67歳でした。


犯人の山上徹也(41)は、母親が多額の献金をしていた「世界平和統一家庭連合」、旧統一教会に恨みを募らせ、団体と近しい関係にあると思った安倍元総理大臣を狙ったとみられることがわかっています。

たとえどんな理由があろうとも、個人(対象)や社会に不安や恐怖を与える行為なんて許されることではありませんよね。

〇〇のように社会にとって悪い影響を与えているであろう人物でも。

nice!(87) 

今日11月13日は「いいひざの日」 [ちょっと気になること!]

わが国は超高齢化社会を迎えています。


人生100年時代なんていわれていますが、加齢とともに低下していく体の運動機能を維持することが、健康的な日々を送るための重要課題となっています。

中でもよく耳にするのが、膝の疾患に悩まされている高齢者は多いことですね。


TVでも健康食品のCMを目にする機会が増えました。


膝に疾患を抱える人は、男女問わず年齢が高くなるとともに増加しています。


現在、50歳以上の国民で、レントゲン所見上、変形性膝関節症にかかっている人は2,400万人もいるそうで、これは2人に1人の割合といわれています。

さらに、痛みを有する患者は820万人で、割合に直すと6人に1人、特に女性が多く、男性の1.5〜2倍の数となっているそうです、2007年の資料の数字なので現在はもっと増えているかもしれません。

女性が多い理由は、ホルモンの関係などがあるのではと言われています。

また、欧米諸国に比べると日本人の膝疾患は多く、これは正座やしゃがむといった膝に負荷をかける動作が多い生活習慣の差にあるからでは、そう考えられています。

長生きできるのであれば、元気で健康な身体で長寿!ですよね^^


はい、今日11月13日は「いいひざの日」です。


11(いい)13(ひざ)の語呂合わせです。


ゼリア新薬工業が制定しました。

nice!(98) 

今日11月12日は「洋服記念日」 [ちょっと気になること!]

私たちが普段当たり前の様に着ている服、昔はみんな着物を着ていたんですよね。


日本人が洋服を初めて着たのは明治時代でした。もっと以前に海外から入っては来ていたものの、すぐには定着はしませんでした。

明治に入ってから皇室、政府の正装、軍人、駅員の制服などから少しづづ洋服文化を取り入れるようになりましたが、洋服は高額で庶民には手の出ないものでした。

少しづづ洋服が定着してきはじめ、学校の制服も洋服に徐々に変わっていきました。


徐々に一般庶民にも洋服が定着しはじめましたが、着物を着ている人も少なくはありませんでした。大正時代に入ってからは、さらに洋服は身近なものになってきました。

ということは、日本人が洋服を着始めてからまだ100年ほどしか経っていないんですよね。


わが国では、洋服の歴史は浅くまだまだ浅いのですが、世界的に有名なデザイナーが数多くいます。

日本人って凄いですね~!


今日11月12日は「洋服記念日」です。


明治5年11月12日(1872年12月12日)、太政官布告第339号(大礼服及通常礼服ヲ定メ衣冠ヲ祭服ト為ス等ノ件)が出され、和服礼装が廃止されました。それを記念して全日本洋服協同組合連合会が制定したものです。

ちなみに、徳川時代にはたびたび「異国風の服装は着るべからず」と禁止令が出されたそうです。

明治になっても直ぐにはそれが廃止されずにいました。


一般人が西洋風でいると国粋者に斬りつけられることもあったということです。

nice!(88) 

今日11月11日は「介護の日」 [ちょっと気になること!]

今日11月11日は「介護の日」です。


11(いい日)11(いい日)の語呂合せから厚生労働省が制定しました。


介護と言っても様々な分野での介護がありますよね。


今日は介護サービスについて^^


介護サービスは大別すると「居宅サービス」と「施設サービス」とに分けられます。


①訪問介護(ホームヘルプサービス)居宅サービスとは、自宅に居ながら利用できる介護サービスのことです。

②訪問入浴介護 、訪問入浴介助は看護師や介護職員が巡回入浴車で居宅を訪問し、入浴介助を行うサービスです。

③訪問看護、訪問介護は、ホームヘルプサービスといわれ、居宅サービスの中でも最も利用されているものです。

④訪問リハビリテーション、訪問リハビリテーションは医師の指示のもとに、理学療法士または作業療法士が利用者の自宅を訪問して、リハビリテーションを行うサービスです。

⑤居宅療養管理指導、居宅療養管理指導は、医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などの医療に従事する人が、利用者の自宅を訪問し、療養上の管理や指導を行うサービスです。

⑥通所介護(デイサービス)通所介護は、デイサービスと言われる居宅サービスです。


⑦通所リハビリテーション(デイケア)通所リハビリテーションは、デイケアと言われる通所介護の一種です。

⑧短期入所生活介護(ショートステイ)、短期入所生活介護は、ショートステイとも言われます。


⑨短期入所療養介護(ショートステイ)短期入所療養介護もショートステイの一種です。


⑩特定施設入所者生活介護、特定施設とは介護保険の指定を受けた有料老人ホームやケアハウスのことです。

⑪福祉用具貸与、要介護のお年寄りにとっては、家にいる時間も長くなるため、住環境の整備は必要不可欠となります。

⑫住宅改修(リフォーム)住宅改修とは、いわゆるリフォームのことで、要支援者や要介護者が居宅において、自立した日常生活が送れるように、住宅改修工事を行うサービスのことです。

⑬居宅介護支援事業(ケアマネージャー)この居宅介護支援事業は、介護サービス事業者ではありませんが、ここで紹介しておきます。

居宅介護支援事業とは、介護保険申請の代行業務、居宅サービス計画(ケアプラン)の作成、介護保険の給付管理業務、介護保険施設への紹介などの介護支援サービスを提供することをいいます。

実際に、これら業務にあたるのは介護支援専門員(ケアマネージャー)です。


厚労省の統計調査「統計(介護給付費等実態統計)」によりますと、昨年度の介護保険サービスの実受給者数は638万1700人。前年度からは16万2700人(2.6%)増え、過去最多を更新しました。

このうち、介護給付の実受給者数は546万8700人(前年度比2.6%増)、予防給付は114万4300人(同4.1%増)でした。

高齢者の介護だけを見てみても、これからは増えることはあっても減ることはないのでしょうね。


更に気になることは、介護の現場での人材不足です。


人手が足りないことから、適性に欠けるような人が従事をしていることも少なくないようです。


ご高齢のみなさんがこんな国に生まれてこなければよかった!報われない国日本!そんなふうに思う事の無いような堅実な政策を考え実行してほしいですよね。

nice!(91)