So-net無料ブログ作成

「アナゴ」の夢をみると金運アップ?^^ [ちょっと気になること!]

engimono_037.png
フリー画像からお借りしました


昔から縁起の良い夢として、初夢には「一富士二鷹三茄子」を見ると良いなんて言われていますよね。



ちなみに、「一富士二鷹三茄子」の続きは「四扇五煙草六座頭」だそうで「しおうぎ ごたばこ ろくざとう」と読むそうですよ。


全然知りませんでした^^



意味は諸説あるようですが、富士は「不死」から不老長寿を意味している、鷹は「高い」「貴」という字から出世しますよという意味、茄子は実がたくさんなるから子孫繁栄という意味
なんだそうです。


「扇」末広がりを意味しています。



「煙草」は酒とともに、祭りや祝い事など、人々が集う席には欠かせません。座の雰囲気を盛り上げたり、和ませたりするからです。


「座頭」とは、琵琶法師の座に所属する剃髪した盲人のことを言い、『毛が無い』ことが転じて『怪我が無い』という縁起が良い意味に取れると言います。


さて、最近の夢占いではこんな夢が良いとされているようです。



追いかけられる夢、太る夢、血の夢、雨漏りの夢、階段を上る夢、お葬式の夢、トイレの夢だそうです。



夢って不思議な現象なんですね^^



夢は、これまで気づかなかった自分のことや、未来に起きるかもしれない出来事を教えてくれるといわれているそうです。


ということは、夢に現れる金運のシンボルを見逃さないようにしたいですよね^^



オールアバウトさんが占星術の神秘研究家「小泉茉莉花さん」の記事が載っていましたので紹介をしたいと思います。


まず、お金を拾う夢を見たら、金運もアップするのでしょうか?



夢の中に現れるお金は、愛情や活力の象徴で、金運とは異なり、お金に関係するものは、夢の中にシンボルとして登場するそうです。


ということは、どんな夢が私たちを幸運に導いてくれるのでしょうね。



「お米、お餅、パン」の夢は、経済力がアップしていることを暗示なのだそうです。



小泉さんによると「お米やパンは豊穣の象徴です。ご飯をたくさん食べる夢は、経済力に恵まれていることを表し、家族で炊き立ての温かいご飯食べる夢なら、家計が順調で家族も円満です。トーストにバターを塗って食べる夢も、豊かな経済状況を示しています」ということです。


これまでふるわなかった金運も、上向きになる可能性があるということですね。また、お米からつくられるお餅も、お金と深い縁があるそうです。


また、小泉さんによると「昔、お餅はお金の代わりで、年(歳)神にお供えした丸餅を“年玉”としていただきました。夢でお雑煮を食べていたら、経済的に恵まれる年になりますよ」ということです。


実際、神にお供えした年玉(年魂)をお雑煮にしていただくと、霊力や活力をチャージできるという言い伝えがあるそうですから、金運パワーも大いに期待できそうですよね! ^^


オールアバウトさんの記事には、金運アップに導いてくれる夢に現れる、代表的な15のシンボルが紹介されていましたのでご覧ください。

1. 穀物
2. 魚
3. 身に着けるもの
4. 住まいに関するもの
5. 汚物
6. 大雨
7. お尻
8. ナス
9. ダイヤのマーク
10. 先祖からものをもらう
11. 稲が実る
12. 遺産を受け継ぐ
13. バンザイをしている
14. 水で満たされたツボ
15. ジャガイモをもらう



その様な夢をみたら、金運をアップ!するかもしれませんね^^



ところで、そんな自分に都合の良い夢をみる方法ってあるのでしょうか?



ちょっと調べてみたいと思います。



もしみたい夢がみられる方法があるようでしたら、次回の記事で紹介したいしますね^^






スポンサードリンク

nice!(132)