SSブログ

今日9月18日は「かいわれ大根の日」 [ちょっと気になること!]

スポンサードリンク
0020.jpg




今日9月18日は「かいわれ大根の日」です。


1986年に日本かいわれ協会(現:日本スプラウト協会)によって9月18日が「かいわれ大根の日」に制定されました。

「18」という数字からかいわれ大根の日として決定しました。


「8」を横向きにして、その下に「1」をつけるとかいわれ大根のような芽の形になることが理由です。


また、12ヶ月分ある18日のなかでも9月になったのは、かいわれ大根の日を制定するために会合が9月に行われたからだそうです。

私は何年も前からブロッコリー スーパースプラウトを食べています。


カイワレ大根と同じ様なものだと思って食べていましたが、どうも違うもののようですね。


ちょっと調べてみたんです^^


スプラウトとは、野菜や豆の新芽のことで、有名なところでは「もやし」と「かいわれ大根」がそれに該当します。

もやしは、ずっと暗室で育てるので「もやし系スプラウト」と言われているそうです。


かいわれ大根は、栽培の際に最終工程として日光を当てて、緑化するころから「かいわれ系スプラウト」と呼ばれているそうです。

ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーの新芽で、「かいわれ系スプラウト」に分類されています。
まず、スプラウトとかいわれ大根の同じ部分です。

ブロッコリースプラウトとかいわれ大根は、同じ「かいわれ系スプラウト」に分類されます。


ブロッコリースプラウトとかいわれ大根の同じ部分は、そのものずばり見た目ですよね^^


実は、栽培方法も同じなんです。


基本的には、水栽培でブロッコリースプラウトもかいわれ大根も育ちます。

次に、スプラウトとかいわれ大根の違う部分です。


ブロッコリースプラウトとかいわれ大根の違いは味です。


かいわれ大根は、どちらかというと、辛味が強く大根に似た風味をしているのに対して、ブロッコリースプラウトは、味がほとんどなく無味に近いかもしれません。

味が違う、確かにそうですよね^^


肝心な違いとしては、含まれている栄養素も違います。


かいわれ大根に多く含まれているのは、「葉酸」で赤血球の形成に不可欠なビタミンです。


カロテンやビタミンK、ビタミンC、ミネラルを豊富に含んでいます。


他にも、女性には嬉しい葉酸やビタミンAも含まれています。


対して、ブロッコリースプラウトに多く含まれているのは、スルフォラファンです。


スルフォラファンの主な効能は、優れた解毒作用と抗酸化作用によるがん予防効果です。


乳がんに対する効果や、胃がんや胃潰瘍の原因のピロリ菌を退治したりもしてくれます。


なるほど~!だから私はブロッコリー スーパースプラウトを食べさせられていたんですね~^^



スポンサードリンク



nice!(101) 

nice! 101