SSブログ

北朝鮮・新コロワクチンChina共産党製をもらえばいいのに! [最近のニュースから]

スポンサードリンク
0020.jpg




今日は久しぶりに北朝鮮の金を話題にしてみました。



世界中でコロナの感染が拡大をしています。



金王朝の独裁体制の北朝鮮はどうなのでしょう?




これまで北朝鮮当局は、「新型コロナウイルスの感染者は出ていない」としてきましたよね。



私はChinaとの貿易が生命線の国なのに、感染者がゼロということはないと思っていました。



今頃になってこんな情報が出始めているそうですよ。

『北朝鮮の事情を知り得る複数の関係者は「感染の疑われる事態が発生したようだ」としている。正恩氏は6月29日の党政治局拡大会議で、新型コロナの非常防疫対策をめぐる幹部の怠慢が「国家と人民の安全に大きな危機をもたらす重大事件を発生させた」と述べた。
関係者の1人によると、中国との国境近くで発熱を訴える人が出たため、北朝鮮当局がこの地域を封鎖したとの情報がある。新型コロナ対策で、北朝鮮は中国との国境を封鎖しているが、一部の機関が防疫措置を守らずに中国側と密貿易をした疑いがもたれている模様だ。北朝鮮には検査キットが十分にないため、発熱した患者が新型コロナに感染したのかどうかは不明だという。密貿易をしたのは、軍関係者だった可能性も指摘されている。このことから、核・ミサイル開発を含む軍全般の業務を担う李炳哲(リビョンチョル)書記が、政治局常務委員から解任されたとの見方も出ている。』


同国では経済制裁や国境封鎖の長期化により、食糧や生活必需品が足りずに価格が高騰しているそうで、密貿易を通した商品の需要が高まっているということです。


北朝鮮は、終戦直後のわが国と同じで密貿易「闇市」によって多くの国民は命をつないでいるのでしょうね。


経済制裁やコロナの感染拡大による対策が始まる前から経済は崩壊状態だったのですから、ここにきて益々経済情勢が悪くなってきたのでしょう。


中央日報日本語版によりますと、北朝鮮はワクチンの共同購入と配分に向けた国際プロジェクトであるCOVAXは3月に北朝鮮向けにワクチン約199万回分を配分し、このうち約170万回分を5月までに伝達する計画があったそうです。


しかし、北朝鮮がアストラゼネカなど特定のワクチンを拒否したことで、まだまともにワクチン支援がされていないというのです。


北朝鮮は2019年に韓国政府がインフルエンザ治療剤であるタミフル20万人分を支援しようとした時も幻覚症状などの副反応を懸念しこれを拒否した経緯があります。


そして、北朝鮮はアストラゼネカと同じく中国製ワクチンであるシノファームとシノバックのワクチン支援に対しても消極的な姿勢ということです。


北朝鮮というより独裁者の金は、中国製ワクチンに対しては不信を持っているということなのでしょう。


半面、ロシア製ワクチンについては肯定的に評価しているそうですが、相変わらずの無償支援を要求しているようですよ。


経済事情が良くないので安いものを打つとは言わず、別のワクチンなどもう少し良いものを手に入れようとしているようです。


北朝鮮はお貰い君の成功体験を繰り返していますので、今回も金の考え通りの主張を押し通すのでしょうね。


無料で何でも手に入ると勘違いをしている金王朝三代目ですから。


スポンサードリンク



nice!(94) 

nice! 94