SSブログ

政府のワクチン供給に懸念・国民を舐めるな! [最近のニュースから]

スポンサードリンク
0020.jpg




新型コロナウイルスについて、各地で「ワクチンの供給不足」が深刻な状況となっていますよね。



6日、令和の運び屋?ワクチン担当の河野大臣は、主に職域接種で使用されているモデルナ社製のワクチンについて、6月末までの供給量が当初の4000万回より6割以上、少ない1370万回分だったと説明しました。

契約は5000万回分で、9月末までに残りの3630万回分が輸入されるとしていたのですが・・



一方、自治体向けのファイザー社製ワクチンについては8月と9月は2週間ごとに1170万回分を分配すると述べています。


これは自治体が希望する量の約3分の1にあたる7月分とほぼ同じ量で、今後も供給不足が続くことになるのでしょうね。


国によるワクチンの供給不足を受け、神戸市ではファイザー社製ワクチンの1回目の接種について集団接種と個別接種、少なくとも5万人の予約をキャンセルすると発表しています。


現にSSブログのお仲間「ちるちるミチル*青い空」chiruさんのお嬢さんがワクチン接種を予約したのにキャンセルになったそうです。


各地で同様のことが起こっているといいますから、ガースー政権はやっぱり当てにはならないということですね。


ガースーやその取り巻き連中が段取りをしているのですから、順調に進むとは思っていませんでしたが腹が立ちます!


梯子を外された形となった多くの知事からも、ワクチンの供給状況について懸念が示されています。


あの有名な兵庫県の井戸知事は、「ようやく体制が整って、進めと思ったら供給できませんでは話にならない」と、今回は真面な発言をされているようです。


自治体からワクチン供給不足の声が出ていることで、大臣になったら期待外れの役立たずになってしまった田村厚生労働大臣は、民放の報道番組で政府が各自治体に供給したファイザーワクチンの量に対する市区町村単位の接種率を都道府県との間で共有する考えを示しましたといいます。


田村大臣は「うまくミスマッチさえ埋まれば打てるだけの能力はある」というのですが、各自治体や企業内接種で割り振ったワクチンが大量にダブついているとでも言うのでしょうか?


自治体ごとの正確な接種数と供給数の比較を早急にしてみてほしいですね。


今更ですが、AB内閣からガースー内閣へ移行しても相変わらずダメ内閣が続いているようです。


スポンサードリンク



nice!(105) 

nice! 105