SSブログ

玄米茶に玄米が入っていないってほんと?^^ [ちょっと気になること!]

スポンサードリンク
0020.jpg




今日はお茶の話しなんです^^



わが家では毎日紅茶やコーヒーを飲んでいます、お客様がみえた時には日本茶をお出しするようにしています。


お茶は私たちの生活に欠かせないアイテムですよね。




sweets_chagashi_tea.png
フリー画像からお借りしました



ほうじ茶や玄米茶も健康に良さそうなので、飲んでみたことがあります。



毎日新聞さんの記事を読んだのですが、「玄米茶」には殆ど玄米が入っていないそうです!



一般に売られている「玄米茶」には、玄米はほとんど使われず、精米が使われているそうです。



調べてみましたら、水に浸して蒸した米を炒り、これに番茶や煎茶などをほぼ同量の割合で加えたお茶が「玄米茶」です。


炒り米の香ばしさと、番茶や煎茶のさっぱりとした味わいが楽しめます。



米が混入していることで、煎茶や番茶の使用量が少なくなることから、カフェインが少なく、お子さまやお年寄りの方にもおすすめできるお茶です。


そんなふうなお茶なんだそうです。



毎日新聞さんがお茶の専門メーカー、伊藤園の玄米茶を確認したそうです。



『ラベルの商品名の下には、コメ粒のイラストがあり「国産玄米100%」と書かれている。原材料名欄には「米(日本)、緑茶(日本)、抹茶(日本)/ビタミンC」と記載されている。

 さらに同社の公式サイトで、この商品の詳細を確認すると、こんな記述があった。

「もみ殻やヌカなどをしっかり取り除きつつ、……豊かな味わいに仕上げています」

え、玄米からヌカを取り除いたコメ? それは「精米」では? それでも玄米茶と呼べるのだろうか?

伊藤園広報室に尋ねると、「煎り米には、玄米からヌカを一部取り除いたお米を使っています」とのことで、公式サイトの記述通り、精米を使っているとのことでした。』


私はすっかり玄米を使ったお茶なんだとばかり思っていました。



私たちの飲んでいる市販の玄米茶には、殆ど玄米が使われていないようですが、先に述べしましたように「米が混入していることで、煎茶や番茶の使用量が少なくなることから、カフェインが少なく、お子さまやお年寄りの方にもおすすめできるお茶」ということですので健康に良いお茶!と思っても間違いではないようです^^

因みに、私が飲んでいるコーヒーはノンカフェインなんですよ!^^








スポンサードリンク



nice!(149) 

nice! 149