So-net無料ブログ作成

どうしてコンビニのコーヒーは安くてうまいの?^^ [ちょっと気になること!]

スポンサードリンク




コンビニのコーヒーを飲んだことありますか?



私は、時々飲むことがあるのですが、安価でおいしくて満足しています。



ちなみにセブンイレブンでは、ホットコーヒー R 93円(税込100円)・L 139円(税込150円)・アイスコーヒー R 93円(税込100円)・アイスコーヒー L 167円(税込180円)です。





seven-coffee-450x365.png
フリー画像からお借りしました





淹れたてのコーヒーが100円で飲めるのですから嬉しいですよね。



他のコンビニでも同様の価格で販売されているようです。



どうして、コンビニのコーヒーは破格の「1杯100円」を実現できるのでしょうか?



そもそも、コンビニ各社はなぜコーヒー市場に参入したのでしょう。



現代ビジネスさんの記事にその理由が載っていました!



コンビニにとってコーヒーは、1回で2度儲かる魅力的な商品だそうです。



まず、単体の商品として利益が見込めます。



コーヒーの原材料費は、価格の2割~4割程度なんだそうです。



コーヒーサーバーのほかに設備投資の必要はなく、他の商品に比べて利益率が高いといえるのです。



もう1つの理由、これが狙いとなっているようですが、コーヒーと一緒にデザートやサンドイッチを購入するお客が2割ほど存在しています。


つまり、コーヒー単体だけでなく、お客の「ついで買い」を促して、ダブルで儲けているということです^^



確かに、私もコーヒーを買う時には何か食べ物も購入していますね。






resize.jpg
フリー画像からお借りしました





コンビニには、美味しい菓子パンやスイーツも売っていますからね~!^^






スポンサードリンク



スポンサードリンク



nice!(145) 

nice! 145