So-net無料ブログ作成

エビフライのしっぽ、食べますか?それとも残しますか? [ちょっと気になること!]

スポンサードリンク




大人も子供も揚げ物好きな方多いと思います。



その揚げ物の中から、今日はエビフライやエビ天の「しっぽ」を話題にしてみました^^




7d8d26fc23e96cd5a7cb114c3a2f81c1_t.jpeg
フリー画像からお借りしました

adtDSC_2314-750x499.jpg
フリー画像からお借りしました



あなたは、エビフライやエビ天を食べた時に「しっぽ」はどうしていますか?



残していますか?それとも食べていますか?



私は残していますが、食べる方もいらっしゃる様なんです。



どちらの方が良いのでしょうね?



ちょっと調べてみました。



「オトナンサー編集部さん」が料理研究家で管理栄養士さんに取材をしたそうです。



まず、マナーとしてはどちらが正しいかと言うと、どちらでも構わないそうですよ。



食べないのであれば『食べ残した感』を出さないようにしましょう。



綺麗な食べ方ということですね。



残したしっぽはそろえて置きましょう。



お店によっては、エビのしっぽを食べられるように下処理されているところもあります。



エビの種類によっては、柔らかく食べやすい場合もありますし、しっかり揚げるとおせんべいのようにパリパリなるので、丸ごと食べられるのであれば、食べた方が体にいということですよ。


エビなど甲殻類の殻には、「キトサン」という食物繊維、カルシウム、赤い色素であるアスタキサンチンなどが含まれているそうです。


アスタキサンチンは、あの一時ブームにもなったポリフェノールの一種で、ビタミンEの数百倍とも言われる抗酸化力があり、アンチエイジング効果が期待できるといいます。


でも、エビのしっぽのように少量だと効果は期待できないそうです^^



エビのしっぽには、体に良い成分が含まれているということが分かりましたね。



油で揚げたエビのしっぽは、お酒のおつまみに良いかもしれません。



あっ!エビのしっぽをガブってできない人は、こんな食べ方もありますよ~!^^



41723_01.jpg







スポンサードリンク



スポンサードリンク



nice!(134) 

nice! 134